学習ツール

【現役SEの感想】学研はじめてのプログラミングカーを購入してつかった正直な感想とみんなの口コミ!

学研の知育玩具『はじめてのプログラミングカー』

『はじめてのプログラミングカー』は、2018年の日本おもちゃ大賞のエデュケーショナル・トイ部門(知育玩具の部門)で大賞を受賞しています。

男の子も大好きなくるまを使って、遊び感覚でプログラミング的(論理的)思考を身につけることができます。

タブレットやパソコンを使わずに学習ができ、園や小学校で採用されている実績もあります。

ぴよ太
ぴよ太
『はじめてのプログラミングカー』は、値段も5000円を切り、幼少期に楽しみながら学習するにはもってこいの教材です。
SE,現役のシステムコンサルタントの私が『はじめてのプログラミングカー』を使ってみた口コミをしょうかいします^^


 

『学研のプログラミングカー』を使ってみた体験レポート

ぴよ太
ぴよ太
遊び方がシンプルで低年齢のうちからプログラミング的思考を学ぶことができる教材です。

対象年齢は3歳からです。メインは4歳~7歳です。

まずは中身を見ていきましょう。まずは『プログラミングカー』と『プログラミングカー命令を入力するタグ(めいれいたぐ)』です。

想像していたよりもプログラミングカーが大きくプログラミングカー(13センチ)の動きを視覚的に楽しめました。

プログラミングカーとめいれいタグ

 

次にプログラミングカーのマップです。この上をプログラミングカーがうごきます。

プログラミングカー(マップ)

次に『命令(めいれい)カード』です。

『命令(めいれい)カード』は、命令タグで実際に命令を登録する前に命令を考えるときに使います。

プログラミングカー(命令カード)

『命令(めいれい)カード』は数が多いのでなくしがちですが、まとめる用の袋が同封されていて、そこに整理することができるので安心です。

<事前に用意が必要なもの>

・単三電池:3本

電池は別売のため準備が必要です。間違えやすいですが、3本です!!

遊び方・学び方紹介

遊びかたを見ていきましょう♪

STEP1:マップでスタートとゴールを決める

プログラミングカー遊び方(スタートとゴール、ルートを決める)

まずはスタート地点とゴール地点を決めましょう。

STEP2:ゴールまでのルートを決める

次にゴールまでのルートを決めましょう。

ルートによって途中の命令の順番が変わります。

STEP3:ゴールまでの命令を考える

プログラミングカーの遊び方(めいれいをきめる)

命令カードを使ってゴールまでの命令を考えましょう。

今回の場合は、5マスまっすぐすすんで、左に90度まわります。

そのあと、2マス進んでゴールです。

STEP4:プログラミングカーに命令をする

プログラミングカーの電源オン

・車の電源をオンにしましょう!(初回は単3電池を3本入れましょう)

タグで命令を入力する

・STEP3で決めた順番にタグをかざしてプログラミングカーに命令を覚えさせる

STEP5:実行

スタート地点にプログラミングカーを置いて、車の実行ボタンをおしましょう。

実行ボタンは車の左はしのボタンです。

スタートボタン(左はし)

あとは正しく入力できていたら、自動でゴールまでたどりつきます。

動きがおかしい場合は、真ん中のボタン(命令をけすボタン)で命令を消したから再度トライできます!

ぴよ太
ぴよ太
操作もシンプルで親子で楽しめるつくりです♪

タグの種類と使い方を学習しよう

プログラミングカー(たぐの使い方)

 

タグの種類を覚えよう!

まえ:1マス前へすすみます
うしろ:1マスうしろにさがります
とまる:しばらくその場でとまる
みぎ:その場所でみぎをむく
ひだり:その場所でひだりをむく
ヘッドライト:前のライトですすむほうを照らす
クラクション:ぷぷーっと音がでます
ハザード:うしろのライトがてんめつする
ゴール」ゴールしたきぶんをもりあげる
10 ループ:命令をきおくしてくりかえしてつかえます。
※すこし使うのがむずかしいよ。


親子で問題をとこう!

お子様と問題を考えていしょに問題をといていきましょう。

とはいっても考え方や課題を自分で考えるのは難しそうだし大変!

  • プログラミングカーの説明書にある問題(2問)
  • 学研の公式ホームページの問題をときましょう(3問)

公式ホームページはこちらからアクセスしましょう。

『学研のプログラミングカー』の魅力・養える能力

<プログラミングカーの魅力>

  • 親子で楽しみながら学ぶことができる
  • プログラミング的思考をパソコンやタブレットなしにまなぶことができる
  • 考える → カードを並べて整理する → 実行する →(失敗したらやりなおす)というプログラミングの基本的なステップを踏むことができます。

プログラミングカーの動きを見ながら、プログラミング的思考を思考錯誤することができます。

また、課題も自分で設定することができるので簡単な課題・難しい課題を通して成功体験を繰り返しながらプログラミング学習を行うことができます。

また、公式サイトではプログラミングカーを通して、こんな力が身につくと記載がありました。

  • やり抜く力
  • ことば化する力
  • 論理的に考える力

プログラミング本embotなどのプログラミング玩具も合わせてみてみましょう♪

【本の紹介】小学校6年生までに必要なプログラミング的思考力が1冊でしっかり身につく本小学校6年生までに必要なプログラミング的思考力が1冊でしっかり身につく本の紹介です。...
子供も大喜び!ドコモが開発したプログラミング学習ロボット『embot』ドコモが開発したプログラミング学習ロボット『embot(エムボット)』 リーズナブル(6,600円)でかわいらしい♪だけじゃなく、...

『学研のプログラミングカー』の口コミ

さっそく、ツイッターの口コミをみていきましょう♪

知育玩具:はじめてのプログラミングカーまとめ

最後までよんでいただきましてありがとうございます^^

『はじめてのプログラミングカー』は、男の子も大好きなくるまを使って、遊び感覚でプログラミング的(論理的)思考を身につけることができます。

また、タブレットやパソコンを使わずに学習ができるというメリットもあります。

ぴよ太
ぴよ太
『はじめてのプログラミングカー』でやり抜く力や論理的に考える力を子供のころから身につけましょう^^