本の紹介

【本の紹介】ルビィのぼうけん こんにちは!プログラミング

大学で初めてパソコンに触れて、16年システムに携わってきたわたしが、『わかりやすい子ども用プログラミング学習本』を厳選して紹介します!

『ルビィのぼうけん こんにちは!プログラミング』は、プログラミング的思考プログラミングを使わずに紹介している絵本です。

1部で「冒険の物語」、2部で「物語の登場人物とプログラミング的思考」を学ぶ二部構成になっています。

私は、小学生のときにはじめて算数を学んだことを思い出しました。おはじきやりんごを使って足し算や引き算、数字という概念を学んだ感じです。

知っていること(絵本の冒険)を通して、知らない考え方(プログラミング的思考)を学ぶことができます。

ぴよ太
ぴよ太
プログラミングの本を買ったけど考え方が小難しくて入ってこないという方にオススメできます。


『ルビィのぼうけん こんにちは!プログラミング』に期待できること

『ルビィのぼうけん こんにちは!プログラミング』では、Scratchや他のプログラミング言語を使わずに、絵本の中でプログラミング的思考を学ぶことができる本です。

Scratchを使ってプログラミングの解説する本は多くありますが、プログラミング的思考を絵本を通して深堀りしている本は他にはなく、とても貴重な本だとともいます。

絵本を通して学ぶことで以下のようなメリットがあると私は考えます。

  • パソコンが無くてもプログラミング的思考を学習できる。
  • パソコンを使いながら学習するよりも深く時間をかけて学ぶことができる。

2つ目を少し細くさせてください。

Scratchや他のプログラミング言語を使って学ぶことは、自分が行ったプログラムをすぐに結果としてアウトプットしてくれる楽しさや動きがわかるというメリットがあります。

一方で、十分に理解せずともコードを書いて動かすことで解決することもあります。それもプログラミングの解決方法の一つで、とても有効な方法ではあります!

『ルビィのぼうけん こんにちは!プログラミング』では、絵本の中でプログラミング的思考を学ぶため、自分のあたまの中で答えを考えて再生する必要があるので、より深い理解をしっかり身につけることができます。

ぴよ太
ぴよ太
絵本ですがとても頭を使う構成になっています♪

具体的にどんな「考え方」・「構文」が身につくの?

では具体的にどんな考え方(プログラミング的思考)や構文が身につくか説明していきますね♪

プログラミング的思考では、大きなプログラミングを小さな部品やステップに分けて考えることが必要となります。

そんな考え方の大切さを1部で物語を通して教えてくれます。

また、2部では演習問題をとおして以下のような構文・考え方を学ぶことができます。

シーケンス(順次実行
扱う文字(文字列、数、真偽)
アルゴリズム(問題をとく順番)
データ構造
パターンの考え方とループ構造
場合分け(もし~なら
抽象化・関数(処理をまとめること)
デバッグ(プログラミングが失敗する原因)
ぴよ太
ぴよ太
当HPでもステップバイステップでプログラミング解説をしていますが、より丁寧にかつ実践てきなプログラミング思考を学ぶことができる1冊でした!

まとめ

最後までおよみいただきましてありがとうございます。

『ルビィのぼうけん こんにちは!おプログラミング』は、絵本を通してプログラミング的思考をしっかり学ぶことができる1冊です。

ぴよ太
ぴよ太
基礎をしっかり頭をつかって学びたい・学ばせたいかたにぴったりな1冊です。シリーズものになっていて、合計4冊の構成なので興味がわけばさらに学習をすすめることもできますよ♪